Premiere Pro、After Effects 手ブレを追加する方法

固定カメラで撮影した映像に手持ちに撮影したかのような手ブレを加えることができるAfter Effectsのプリセットを紹介します。

Premiere Pro、After Effects 手ブレを追加する方法

After Effects プリセットダウンロード

プリセットは、音源販売サイト「Premium Beat」のブログで配布されています。

15 FREE Camera Shake Presets for After Effects and Premiere Pro – The Beat: A Blog by PremiumBeat

After Effects のPresetsフォルダに配置

ダウンロードしたら回答したフォルダをAfter Effects のPresetsフォルダに入りします。

フォルダ:Adobe After Effects 2020 > Presets

After Effects コンポジションに置き換え

Premiere Proのクリップ上で右クリックし「After Effects コンポジションに置き換え」を選びます。

After Effectsが起動するので、コンポジションを名前をつけ保存します。

ヌルオブジェクト作成

レイヤー > 新規作成 > ヌルオブジェクト

手ぶれプリセットをnullオブジェクトに適用

「エフェクト&プリセット」からプリセットを選び、ドラッグアンドドロップして、nullオブジェクトに適用します。

親子の設定

ヌルを「親」に画像素材を「子」にします。

端っこの処理

端っこ部分の背景が写ってしまう為、モーションブラーか拡大し見えないようにします。

スケールの設定例:110

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。