トラックマットの使い方。アルファマット・ルミナンスキーマットの違い | AfterEffects

AfterEffectsのトラックマットの使い方を説明します。

トラックマットとは?

AfterEffectsのトラックマットとは、素材のアルファ情報(不透明度)またはルミナンス情報(輝度)から、レイヤーを部分的に表示できる機能です。

トラックマットの使い方

トラックマットを使う時のレイヤーの並べ方

トラックマットを使う時は2つのレイヤーで1セットになります。順番にも注意してください。

  • マット素材
  • 動画→マットを適用する

トラックマットの適用

下に配置したレイヤーのトラックマットの項目から選びます。

トラックマットの列が表示されていない場合

トラックマットの列が表示されていない場合、「転送制御を表示または非表示」や「スイッチ/モード」をクリックして表示を切り替えます。

4種類のトラックマットの違い

トラックマットには次の4種類があります。

  • アルファマット
  • アルファ反転マット
  • ルミナンスキーマット
  • ルミナンスキー反転マット

アルファマット

アルファマットは、マット素材の不透明な部分を表示します。ルミナンス情報(輝度)は影響を与えません。

▼アルファマットの適用前

一番上にテキストレイヤー(マット素材)、下に画像素材を配置しています。

▼アルファマットの適用後

アルファ反転マット

アルファ反転マットは、アルファマットの逆で、マットの透明な部分を表示します。

▼アルファ反転マット適用前

一番上にテキストレイヤー(マット素材)、下に画像素材を配置しています。

▼アルファ反転マット適用後

ルミナンスキーマット

マット素材の白い部分を表示します。黒になるほど透明になります。

▼ルミナンスキーマット適用前

▼ルミナンスキーマット適用後

ルミナンスキー反転マット

ルミナンスと逆で黒い部分を表示します。白になるほど透明になります。

▼ルミナンスキー反転マット適用前

▼ルミナンスキー反転マット適用後

トラックマットの使い方

トラックマットは、マット素材と目的のレイヤーのセットで使います。

  1. マット素材を上に、目的のレイヤー下に配置します。
  2. 目的のレイヤーで任意のトラックマットを選びます。

トラックマットの項目が表示されてない場合

タイムラインパネル下部の「スイッチ / モード」をクリックし切り替えます。

トラックマットを活用したアニメーションの例

切り抜いた文字に飛び込むアニメーション

トラックマットの「アルファ反転マット」を使って文字部分が透明になるよう切り抜いています。

関連:切り抜いた文字に飛び込む | AfterEffectsチュートリアル

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。