爆発シェイプアニメーションの作り方 | After Effectsチュートリアル

爆発シェイプアニメーションの作り方を解説します。


爆発シェイプアニメーションの作り方

  1. メニューの多角形ツール(Q)をダブルクリックすると中央にシェイプレイヤー作成されます。
  2. サイズ、位置を調整します。
    コンテンツ >多角形 >  多角形パス1  > 頂点の数:3
    コンテンツ >多角形 >  多角形パス1  > 外半径:100

  3. 「線幅,位置,スケール,回転」にキーフレームを打ちます。
    コンテンツ > 多角形1 >  線幅:0秒 5 → 1秒 0
    コンテンツ > 多角形1 > トランスフォーム:多角形1 > 位置:0秒 5 → 1秒 -300
    コンテンツ > 多角形1 > トランスフォーム:多角形1 > スケール:0秒 0% → 1秒 100%
    コンテンツ > 多角形1 > トランスフォーム:多角形1 > 回転:0秒 5 → 1秒 1

  4. 範囲選択し、イージーイーズ(F9)をかけます。
  5. グラフエディターを開き(F9)「速度グラフ」を表示します。黄色いハンドルを動かして初めが速く、終わりがゆっくりになるよう調整します。
  6. 「追加▶」をクリックし「リピーター」クリックします。すると三角形が増えます。
  7. 三角形シェイプの数を増やし、均等に円形に配置します。
    コンテンツ > リピーター > コピー数:6
    コンテンツ > トランスフォーム:リピーター > コピー数:60°(360÷図形の数)

  8. 完成です!

OP風アニメーション

作成したアニメーションをベースに、ロゴ表示でよくみかけるようなアニメーションを作ります。

3角形のシェイプ

コンポジションを複製します。

最初に作った図形よりも小さくし、ランダムな位置に配置したいので以下のようにプロパティを設定します。

頂点の数,外半径,線幅,位置
コンテンツ >多角形 >  多角形パス1  > 頂点の数:3
コンテンツ >多角形 >  多角形パス1  > 外半径:50
コンテンツ > 多角形1 >  線幅:0秒 50 → 1秒 0
コンテンツ > トランスフォーム:リピーター > 位置;-30,30

「塗り」エフェクトを適用し、エフェクトコンロールパネルからカラーを変更します。(例:F20066)

四角形シェイプの設定

シェイプレイヤーを複製(⌘D)します。

四角形に設定しランダムな配置になるよう調整します。

頂点の数,回転,回転
コンテンツ >多角形 >  多角形パス1  > 頂点の数:4
コンテンツ > トランスフォーム:リピーター > 位置;-30,30
コンテンツ > トランスフォーム > 回転:60°

四角形シェイプも同様に「塗り」エフェクトを適用し、エフェクトコンロールパネルからカラーを変更します。(例:#3D00C7)

平面レイヤー

ホワイトの平面レイヤーを作り一番下に配置します。

円形シェイプとテキスト

円形シェイプとテキストを追加し、スケールにキーフレーム打ってアニメーションをつけます。

 

 

 

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。