モーショントラッキング(動く物体を追跡)する方法

AfterEffectsの「モーショントラッキング」機能の基本的な使い方を初心者向けに解説します。このチュートリアルでは、映像中の犬の位置のみを検出し、矢印を追従させる方法を例に説明します。

AfterEffectsの3種類のトラッキング

AfterEffectsのトラッキングは3種類があります。

  • モーショントラッキング → 映像内の動く物体に対してトラッキング
  • 3Dカメラトラッカー → 映像内の不動な物体にトラッキング
  • Moche Aeトラッキング(プラナートラッキング)→モニターのはめ込みなど

この記事では、「モーショントラッキング」ついて解説します。

AfterEffects 2カメラトラッキングの使い方

新規コンポジション作成し素材読み込み

新規コンポジション作成しオブジェクトを作る

追従させるためのオブジェクトを作ります。新規コンポジションはオブジェクトサイズに合わせ小さめでOKです。(例:500px × 500px )多角形今回は多角形ツールと長方形ツール組み合わせて矢印を作成しました。

矢印のコンプを最初に作ったコンプに追加します。

動画のトラッキング

動画レイヤーを選択し、トラッカーの「トラック」を選びトラックポイントを設定します。トラックポイントの2つの枠は角をつかんでドラッグ&ドロップし大きさを調整します。

 

内側:トラッキング対象を指定
外枠:解析を行う対象を指定

分析ボタン(▶)」をクリックするとトラッキング開始されます。解析中はボタンが「■」に変わります。時間がかかるので少し待ちます。

ターゲット設定」で一緒に動かしたいレイヤーを指定します。今回は「矢印」のコンプになります。

記録したトラッキング情報の書き出しを行います。「適用」をクリックし、モーショントラッカー適用オプションで軸を選び、「OK」をクリックします。

XおよびY:XとYの両方を書き出し
X:X軸のみ書き出し
Y:Y軸のみ書き出し
するとキーフレームが書き出されます。

表示位置の微調整

再生した全体の動きを確認します。不自然な箇所があれば、「矢印」のキーフレームを開き(U)「位置」や「アンカーポイント」で微調整します。

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。