mocha AEの使い方。スマホ画面のはめ込みを作る方法 | After Effects チュートリアル

After Effects の「mocha AE」を使って、スマホ画面のはめ込み動画を作る方法を解説します。

mocha AEの使い方。スマホ画面のはめ込みを作る方法

新規コンポジション作成と動画素材読込

新規コンポジション作成(⌘N)し、動画素材を読み込みます。

iphone, ガジェット, グリーンスクリーンの無料の動画素材

「mocha AE」の適用と起動

動画レイヤーを選んだ状態で、エフェクト&プリセットから「mocha AE」エフェクトをダブルクリックし適用します。

エフェクトコントロールパネルから「MOCHA」ロゴをクリックし起動します。

mocha AEで除外部分トラッキング

指の部分はスマホのトラッキングから除外します。

Xスプラインツール(⌘L)でトラッキングから除外する部分を囲います。

Mochaのショートカットキー
X:Xキー押しならマウスを動かすとハンドツール表示箇所を移動
Z:Zキーをおしながらマウスを上下に動かすとズームイン/アウト

トラッキング開始(Tマーク)ボタンをクリックします。トラッキングは時間かかるので待ちます。

4K動画など高解像度画像や長い動画だとトラッキングが非常に時間がかかります。最初はフルHDサイズ(1920×1080)で数秒程度から始めるのがおすすめです。

バーが青くなったらトラッキング終了です。レイヤーの名前を変更(finger)し保存します。

歯車のマークを外し(トラッキングの対象外にする為)、ロック(誤って触らないようにする為)をかけます。

スマホのトラッキング

Xスプラインツール(⌘L)スマホの周りを囲みます。

上が指のレイヤーに、下がスマホのレイヤーの順番になるよう並び変えます(指をトラッキングから除外する為)。トラッキング開始(Tマーク)ボタンをクリックします。トラッキングは時間かかるので待ちます。

バーが青くなったらトラッキング終了です。レイヤーの名前を変更(smartphone)します。

コーナーピンを設定します。「S」のマークを選択し、画面の4隅に合わせます。

歯車のマークを外し(トラッキングの対象外にする為)、ロック(誤って触らないようにする為)をかけます。

Mocha AEのデータを保存し、閉じます。

スマホ画面のコンポジション作成

スマホ画線のサイズに合わせてコンポジションを作成します。

例)iPhone 12 6.1インチ 1170×2532

作成したスマホ画面のコンプを最初のコンプに入れます。

スマホ画面のコンプに「コーナーピン」エフェクトを適用します。

Mocha AEのトラッキングデータをAeに適用

エフェクトコンロールパネルのMocha AEの Tracking Date > Export Option:Corner Pin(Support Moton Blur)を選択します。Layer Export to:smartphone(スマホ画面のレイヤー)を選択します。

Create Track Dateをクリックし、「smartphone」の歯車にチェックをいれ(歯車のつけてデータ取り出せる)、「OK」をクリックします。

「Apply Export」をクリックします。すると画像トラッキングデータがスマホ画面のレイヤーに適用されます。

位置がずれるので、アンカーポイント(A)で合わせます。元の動画が1920x1080サイズの場合、中心点は960, 540になります。

指の切り抜きを作る

ここまでの工程で、指の上の画面が乗っている状態なので、指の切り抜きを作ります。

元の映像を複製し(⌘D)一番上に配置します。

エフェクト&プリセットから「keylight」エフェクトを適用します。keylightは、任意の色をキーアウト(透明化)するエフェクトです。

Screenカラーのスポイトを選び、グリーンの画面をクリックすると透明化され下のスマホ画面のレイヤーが表示されます。

スマホ以外の周囲の色が抜けてしまう場合の対応

グリーン画面と背景に似た色が他の箇所にある場合、一緒に色が抜けてしまいます。その場合の修正が必要です。

View > Screen Matteを表示します。黒い箇所が色が抜けている部分、薄いグレーは少し色が色が抜けてしまっている部分、白は色の残っている部分になります。「Clip White」「Clip Black」の数値を動かし、白黒がくっきりする用調整します。

修正が終わったら元の表示に戻します。

Advanced Spill Suppressorでエッジに残ったグリーンの抑制

「Keying(1.2)」でキーイング後にエッジに残ったグリーンを「Advanced Spill Suppressor」エフェクトで抑制します。

一番上のレイヤーに「Advanced Spill Suppressor」エフェクトを適用します。

補間方法:Ultraを選びます。元の動画素材のレイヤーのみ表示させ、スポイトで色を選びます。

全てのレイヤーを表示します。これで除去完了です。

完成!

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。