After Effects 英語版で起動する方法。日本語版への戻し方も解説。

AfterEffectsを英語版で起動する方法と、日本語版への戻し方も解説します。

英語版のAfterEffectsを使用するメリット

  • 海外のテンプレートを利用した時も、エラーが発生しない。
  • 海外製エクステンションを使った際、エラーが発生しない。
  • 海外のチュートリアルを参照する時、メニュー等がわかりやすい

海外のテンプレートを利用した時も、エラーが発生しない。

AfterEffectsのテンプレートは、MotionArray、envato elements、ROCKETSTOCKなど海外発のサイトが有名です。(MotionElementsなど日本発もあり)海外製のテンプレートを使用した際、言語の不一致の関係でエラーが発生することがあります。英語版のAfterEffectsを使うことでエラーを避けることができます。

海外のチュートリアルを参照する時、メニュー等がわかりやすい

AfterEffectsのチュートリアルは海外の方が豊富です。言語が一致していると、チュートリアルと手元で起動しているAfterEffectsのメニューの対応がわかりやすくなります。

関連:初心者必見。AfterEffects おすすめチュートリアル動画

英語版のAfterEffectsを使用する方法

AfterEffects英語版を使うには、「ae_force_english.txt」ファイルを設置するだけです。新しくインストールし直す必要はありません。

AfterEffects英語版を使う方法

  1. ファイル名で「ae_force_english.txt」のテキストファイル(中身は空でOK)を作り「書類フォルダ(Macの場合)」「ドキュメントフォルダに(Winの場合)」に保存します。
  2. AfterEffectsを起動すると英語で表記に変わってします。

日本後に戻す方法

再び日本語に戻したい時は、「ae_force_english.txt」ファイルを削除するか、一部名前を変更(例:_ae_force_english.txt)します。

 

 

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。