シマネティックな金属テキストアニメーションの作り方 | After Effects チュートリアル

シマネティックな金属テキストを作る方法を解説します。

シマネティックな金属テキストアニメーションの作り方

テキストレイヤー(金属テキスト)

テキストアニメーション

タイトル入力し中央に配置します。テキストアニメーションを設定します。「字送り」の設定をした時にテキストのトラッキング(詰め)文字の中央になるよう、段落「中央」になるようにします。

設定例
フォント:Futura
サイズ:100px
段落:中央
スケール:0秒 1000% → 1秒 0%
モーションブラー:ON

エフェクト&プリセットから「詰め」と検索し、プリセットの「トラッキング(詰め)」を適用します。

レイヤー上で、キーボードのUでプロパティを開くと「トラッキングの量」にキーフレームが打たれているのが確認できます。これを修正します。

設定例
トラッキングの量:0秒 100 → 4秒 100
エフェクト1:ベベルアルファ

「ベベルアルファ」エフェクトを適用します。

設定例
エッジの太さ:3

エフェクト2:トーンカーブ適用

「トーンカーブ」エフェクトを適用しグラフを「W」のような形にします。

エフェクト3:CC light sweep

「CC light sweep」エフェクトを適用します。

center:画面左のあたりに配置

エフェクト4:CC light sweep 2

「CC light sweep」エフェクトをもうひとつ適用します。centerの位置を変更します。

center:画面上のあたりに配置

パーティクル(CC Particle World)のレイヤー

新規平面レイヤーを作成(⌘Y)し「CC Particle World」エフェクトを適用します。エフェクトコントールパネルから各プロパティを設定します。

調整レイヤー(トーンカーブで色合いの調整)

色味を変えたい場合、調整レイヤーを作り「トーンカーブ」エフェクトを適用します。以下は青を引き上げた例です。

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。