AfterEffects CC Snowfall で雪を降らせる方法

AfterEffects の標準エフェクト「CC Snowfall」を使って雪を降らせる方法を解説します。

AfterEffects CC Snowfall で雪を降らせる方法

1.新規平面レイヤーを作成

平面の作成

平面の作成のショートカットキー
Mac:⌘ + Y
Win:ctrl + Y

2.エフェクト&プリセットからCC Snowfall適用

追加したレイヤーに「エフェクト&プリセット」から「CC snowfall」を適用します。「Composite With Original」のチェックを外すとプレビューにパーティクルが表示されます。
※エフェクト&プリセットが表示されていない場合、上部メニューの「ウィンドウ > エフェクト&プリセット」から開きます。

3.エフェクトの調整

エフェクトコントロールパネルから数値を変更することで雪の大きさ、量、速度などを調整できます。

・Flakes:雪の量の調整
・Size:雪のサイズを調整
・Variation % (Size):サイズのバリエーションを調整
※100%でもっとも多いバリエーション
・Scene Depth:深度の調整
・Speed:落下スピードの調整
・Variation % (Speed):落下スピードのバリエーションを調整
・Wind:風の調整
※0風無し、+左からの風、ー右からの風
・Variation % (Wind):風のバリエーション調整
・Spread:雪の広がり(密度)の調整
・Wiggle:雪の揺れを調整
・Coler:色の指定
・Opacity:色の透明度の指定
・Transfer Mode:描画の指定

エフェクトパネル表示のショートカットキー
Mac:F3
Win:F3

ポイント
カスタムしたエフェクトの設定は「アニメーションプリセット」として保存しておくと、他のプロジェクトで使い時にも簡単に呼び出すことができます。エフェクトを選び、メニューからアニメーション > 「アニメーションプリセットを保存」で保存します。 関連:After Effects アニメーションプリセットの作り方

活用例1:時間経過とともに雪の量を変化させる

エフェクトコントロールの項目にはキーフレームを打つことができます。例えば、時間経過とともに雪の量を増やす場合、Flakesでキーフレームを打ちます。

活用例2:雪を舞い上がるせる方法

スケールを表示し、リンクのチェックを外し、「-100%」にすると雪を舞い上がります。

スケール表示のショートカットキー
Mac:S Win:S

活用例3:立体感を出す

レイヤーを複数つかうことで、より立体感を演出できます。レイヤーを複製し、手間のレイヤーのスケールを大きくし(例:500%)、奥のレイヤーよりもスピード(例)をあげます。

書き出し

コンポジションをキューに追加

ファイル >書き出し > コンポジションをキューに追加

コンポジションをキューに追加
Mac:⌘ + shift + /
Win:Ctrl + shift + /

Adobe Media Encoder のエンコーディングキューにコンポジションを追加

ファイル >書き出し > Adobe Media Encoder のエンコーディングキューにコンポジションを追加
背景を透過させて書き出す場合、チャンネル:「RGB+アルファ」、カラー:「ストレート(マットなし)」を選びます。

Adobe Media Encoder のエンコーディングキューにコンポジションを追加
Mac:⌘ + ⌥ + M
Win:Ctrl + Alt + M

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。