After Effects 映画のようなレターボックス(上下の黒帯)を入れる方法

After Effectsで映画のようなレターボックス(上下の黒帯)をつける方法を解説します。標準エフェクト「CC Jaws」使います。

After Effects 映画のようなレターボックスをつける方法

  1. 黒い平面レイヤーを作成します。
  2. エフェクト「CC jaws」を適用します。
  3. エフェクトコントールパネルからCC jawsのパラメーターを設定します。(例 Completion 75%、Height 0%)

レターボックスにアニメーションをつける

レターボックスが上下から降りてくるアニメーションを作り方を紹介します。

CC Jaws > Competion  の0秒で「100%」→ 1秒で「75%」に設定します。

動きを緩急をつける為に、両方のキーフレームを選択しイージーイーズ(F9)をかけます。

グラフエディター(shift+F3)で、緩急をつけます。

プリセット保存でいつでも呼び出しできるように

エフェクトに設定したパラメータの内容をプリセットとして保存し呼び出して使うことができます。1度プリセットを作っておけば毎回数字を入力する手間が省け効率的です。

エフェクトを選択し、メニューからアニメーション > 「アニメーションプリセットを保存」を選びます。名前をつけて保存します。

After Effects アニメーションプリセットの使い方を解説。独自設定 したキーフレームやアニメーターを簡単呼び出し

PremierePro 映画のようなレターボックス(上下の黒帯)を入れる方法

2021年6月9日

Advertisements


アリサンワークスYoutubeチャンネル

YoutubeにPremiere ProやAfterEffectsの作例を多数アップしています。ぜひチャンネル登録をお願いします。